インフルエンザウイルスは常に変異し毎年猛威を振るいます。また1つのウイルスの増殖スピードはとても速く1日で約100万個以上に増殖します。当サイトでインフルエンザに感染しないための予防方法を一緒に学びましょう

変異するインフルエンザ

インフルエンザの吸入薬における病院名料金について

インフルエンザが流行する季節になるとのどの痛みを訴える人も増えてきます。本来は安静にしていなければいけないものですが、現代社会の中では仕事の都合もありなかなかそうとばかりはしていられない人も少なくありません。その為吸入薬を使用してのどの痛みを鎮めようとする人も増えています。
一般的にインフルエンザに対する治療は注射や投薬が主ですが、基本的にはその医療行為はすべて医療点数という形で料金が定められています。そのためどの病院で治療を受けてもその処置が一緒であれば料金はほぼ同じなのですが、病院によっては料金が異なる場合があります。その理由は病院は一般の病院と高度医療病院に分類されており、高度医療病院はその名の通り高度な医療を提供するための設備や人材を揃えるという観点から医療点数に対し上乗せがされています。これを病院名料金と言います。そのため、インフルエンザに於いて吸入薬の投与を受けた場合に高度医療病院で投与を受けた場合には、一般の病院で全く同じ吸入薬の投与を受けた場合に比べ病院名料金が異なるため比較的高額になります。
もちろん同じインフルエンザで診察を受けたとしても、高度医療病院の方がより高い知識を持った医師が診察してくれる上に、万が一他の症状や病気が見つかった場合でもその処置を迅速に行える設備が有る点があることから、高度医療病院には患者が集中してしまう傾向が有ります。しかし、実際は一般の病院や開業医の診療所でも優秀な医師は沢山いることと、高度医療病院はさらに重篤な緊急性を要する患者、いわゆる急性期の患者に集中する必要があることから、病院名料金は理に適った制度でもあります。
インフルエンザの治療を受ける場合には自分の病状も鑑み、病院の選択を誤らないようにすることも必要です。