インフルエンザウイルスは常に変異し毎年猛威を振るいます。また1つのウイルスの増殖スピードはとても速く1日で約100万個以上に増殖します。当サイトでインフルエンザに感染しないための予防方法を一緒に学びましょう

変異するインフルエンザ

インフルエンザ治療薬の飲み方とウイルス感染とは

インフルエンザの治療に薬剤を使用にあたって、医療機関から処方を受ける必要があります。日本では、塩酸アマンタジン、ザナミビル、リン酸オセルタミビルの3剤が抗インフルエンザ薬として認められています。塩酸アマンタジンは細胞の核内へのウイルスの輸送を阻害することでインフルエンザウイルスの増殖を抑制し、A型インフルエンザウイルスにのみ有効です。副作用としては嘔気などの消化器症状や不眠などの中枢神経症状が挙げられています。ザナミビルとリン酸オセルタミビルは、ウイルスが細胞から細胞へ感染するのに必要なウイルス表面のノイラミニターゼを阻害することでウイルスの増殖を阻害します。これらは、A型とB型のいずれのインフルエンザウイルスにも有効です。主な副作用に嘔気や下痢などの消化器症状が挙げられています。飲み方として、これらの抗インフルエンザ薬はいずれも発症してから48時間以内に服用することにより、症状の緩和や発熱期間の短縮が期待できますが発症後48時間以降に服用してもあまり効果が期待できないため、発症後できるだけ早く医療機関を受診し、処方を受けて飲み方を確認して服用した方がよいでしょう。また、お子様ではインフルエンザ脳炎や脳症を合併しやすいため、医師に飲み方を確認する必要があります。
ウイルス感染とは、ウイルスに対する身体の数多くの防御機能では防ぐことができず、ウイルスが体内に侵入することをいいます。インフルエンザはウイルス性呼吸器感染症の一つであり、主に飛沫感染により人から人に感染するため、繁華街などの人が大勢集まる場所へは行かないようにしたり、マスクを着用して、手洗いやうがいをしたりすることでウイルスを体内に入れないということに有効です。