インフルエンザウイルスは常に変異し毎年猛威を振るいます。また1つのウイルスの増殖スピードはとても速く1日で約100万個以上に増殖します。当サイトでインフルエンザに感染しないための予防方法を一緒に学びましょう

変異するインフルエンザ

ウイルス変異と流行と細菌感染に効果的なn95マスク

インフルエンザの増殖には、固有の特徴が見られます。これはウイルス単体では増殖することができず、他の生命体の細胞内に侵入することで、自己の細胞を増殖させていくという仕組みです。その結果、感染された細胞は破壊されてしまいます。
そして、インフルエンザに特長的な点としては、ウイルスの増殖に必要となる遺伝子の増産で、誤りが発生しやすいというポイントも挙げられます。この増殖時の誤りは、細胞の変異としても知られており、ウイルスの変異が形態の多様化の要因とされているのです。この変異が理由となり、毎年異なるウイルスの種類が流行することとなっています。
インフルエンザのウイルスは、細胞分裂の速度が大変速く、侵入した細胞内で短時間でも増殖する事が可能です。その結果、変異の頻度も高くなり、様々な形態のウイルスが生み出される事になっているケースが見られます。
インフルエンザのワクチン接種が毎年必要とされるのは、ウイルスの変異による多様化が原因とされ、毎年少しずつ異なるウイルスに対応する為、ワクチンの接種を行い感染予防に努める必要があるのです。
また、インフルエンザの感染を予防する効果的な手段としては、マスクの着用があります。中でも、n95マスクとは、海外の公的な機関からも安全性が認められ、高い基準をクリアした感染予防に効果の高いマスクです。
この基準をクリアしたマスクは、空気中に蔓延するウイルスの飛沫を吸入しないようにするために、微粒子を妨げる構造となっています。そのため、インフルエンザウイルスなどの、微小な空気中の物体を呼吸により吸い込む事が無くなり、医療機関などでも感染予防に大変大きな効果があるアイテムとして活用されています。